感動!熱海フライトのみどころ

丹那グローリー

相模湾と駿河湾に挟まれた熱海峠は湿度も気温も違う双方の湾から風が入る峠。その風同士がバランスを保ちながら形成される巨大な雲の壁が丹那グローリーです。巨大なものになると北は箱根山から南は天城山までの20キロ以上!高さは海抜1600mもの雲の壁になります。初めて見る方はその迫力に恐怖さえ感じるかもしれません。しかし安定的に形成されるので気流の大きな乱れもなく安全にフライトが出来ます。

丹那グローリーはいくつかの気象条件が偶然重なって発生する現象です。熱海峠では数々の気象データーを元に発生の詳しいメカニズムを分析しています。 ビジターフライトはもちろんのことタンデムフライトのお客様も気軽のお問い合わせください。

ブロッケン現象

太陽をバックにすると自分の影を中心に虹の輪が形成される「ブロッケン現象」も稀に見ることが出来ます!!雲が良ければ見れるかも?!

高高度獲得

2017年2月に高高度日本記録の出た函南グライダーパークならではのダイナミックな飛び!画像は芦ノ湖3300m上空から見た富士山。

2つの湾を同時に見る

晴れていれば上空から東は横浜みなとみらい。西は御前崎。南には伊豆の島々。同時に駿河湾と相模湾を挟んで地図でしか見たことのない世界が眼下に!

Page Top
inserted by FC2 system